返報性の原理を使う




Twitterは、自分から相手をフォローすれば、
相手がフォローを返してくれる可能性が高まります、

これは返報性の原理を利用しており、自分がフォローをされたから
フォローを返してあげようと言う気持ちを相手に与える事です。

また、フォローする事で自分のアカウントが存在する事を
知らしめる形となります。




ただし、誰でもフォローを返してくれるわけではありません。




プロフィールを充実させる





プロフィールをあまり書いてないと、どういう傾向のアカウントなのか
掴む事ができないので興味を持たれません。


プロフィールを閲覧した人に自分が何者なのか知らしめるためにも、
明確に自己開示する必要があります。

プロフをきちんと作り込んでおけば、ツイートがリツイートされた時とか、
フォローした時とかに、相手に「どんな人か」アピールする事ができます。

いくらツイートが良くても、プロフィールが全く書かれていないと、
掴みようがない謎の人なので、関心が薄れてしまいます。

プロフィールを充実させることは先決なのです。



フォロー返しが期待できないアカウントの特徴




相手が有名人だった場合




有名人は10万フォロワーとか100万フォロワーとか
当たり前の様に多くのアカウントからフォローされています。

それだけ多くのアカウントからフォローされれば、いちいち
フォロー返しする余裕もないでしょう。

[ad#co-1]

フォローを厳選してそうなアカウント




例えば、フォロワーが500人いるのに、フォローしてるのが5人とか
極端な比率の場合は、フォローしている人を厳選していると言えます。

こういうアカウントも安易にフォローを返してくれません。


属性が明らかに違うアカウント



趣味やツイートの傾向や全く異なるアカウントをフォローしても
フォロー返しは望めません。


例えばサッカーの話題ばかりしているアカウントが、
野球の話題ばかりしているアカウントをフォローしても
趣味が異なるので、フォロー返しされる確率は低くなります。


あとは、世代なんかもそうですね。

50代のリーマンが女子高生のアカウントをフォローしても
世代が離れ過ぎて、敬遠される可能性があります。



フォロー返しが期待できるアカウント



フォローとフォロワーの比率が同じ




フォローしている数とフォロワーの数の割合が同じアカウントは、
フォローされれば無条件でフォローを返している可能性が高いです。

そういうアカウントは、フォロー返しされやすいです。

例えば、200フォロー、185フォロワーとか。



プロフィールに書いてある



ツイートやプロフィール蘭に、「フォロバします。」とか「相互フォロー歓迎」とか
書いてあるアカウントは、フォローを当たり前の様に返してくれます。


こういう事を書いている目的は、フォロワーをとにかく増やして行きたいからです。
フォローを返してでも、どんどんフォロワーを増やしたい狙いがあります。


属性が近い



同じ様な傾向のツイートやジャンルであれば、興味を持ってもらえやすいです。

例えば、育児についてツイートをしていれば、子育て主婦層からはフォロー返しされやすいです。
他には、嵐の同じファン同士とか、同じミスチル好きとか、同じ大学に通っているとかです。

何か共通点があると不思議と親近感がわきやすいです。