Twitterで他人の過去ログは見れない?削除する方法

他人のツイートの過去ログを公式アプリから探索しようとすると、
スクロールを何度も繰り返さなければならないので、
常に手間と時間が掛かってしまいます。


しかも、公式アプリから過去ツイートを追っていくと、
途中で止まってしまって先へ進まなくなるなんて事もあります。



そうすると、最初からやり直しになって時間が無駄に消えていきます。


今回は、過去のツイートを簡単に効率よく見る方法を解説します。

twilog



Twilogとは、自分のツイートを自動保存しブログ形式で表示します。

「twilog」を使えば、自分のツイートも、他人のツイートも簡単に検索できます。

最新200件分のみのツイートにはなりますが、過去ツイートを検索できます。


twilogは、ツイートをブログ形式に保存してくれるサービスです。

アカウント連携をすると、過去ツイートを含め、
最大3,200件分まで登録することができます。


twilogの使い方



過去ログを知りたいアカウントのユーザー名を入力してGO

tuiroguaa (1)


今回は、NHKニュースの過去ログを調べました。

tuiroguaa (2)


過去200件まで表示可能です。

登録したばかりの場合、最新200件分のツイートのみがTwilogに取り込まれています。



より多くのツイートを取り込みたい場合は、自身のTwilogページ上部の
「管理」ページを開いて「過去のツイートの取得」を実行します。

tuiroguaa (3)


過去ログの中で特定のキーワード検索もできます。

tuiroguaa (4)


『リオ』で調べるとリオ五輪のニュースのみが表示されます。

tuiroguaa (5)


右のサイドバーにある「Stats」をクリックすると統計情報が見れます。

toukeijyouhoutu (2)


toukeijyouhoutu (3)


toukeijyouhoutu (1)


「Twilog Stats」でつぶやき文字数やフォロワー増加ペースなど、
かなり細かい統計情報を閲覧できます。


また、右端にあるTwitterの「Twitterアイコン」マークをクリックする事で、
その統計情報をツイートする事もできます。

さらには日ごとのツイート数やフォロワー数推移をグラフで閲覧する事も可能です。

自身のツイートを振り返りたいときに便利なサイトです。

自分のツイートを見返すと、
埋もれてしまった重要なことを思い出すかもしれません。



Twitter公式アプリ(サイト)から、期間を指定して検索

Twitter公式アプリ(サイト)から過去ツイートも検索できます。

 

ただ、ユーザ指定、期間指定をして検索するので、
検索窓に沢山の文字を入力する必要があります。

 

期間指定での検索の仕方

ユーザ名を指定(東京メトロ公式の場合)

kakotuimeroe (1)


from:ユーザ名(例:from:tokyometro_info)

期間を指定
since:2013-05-01(2011年05月01以降という意味)
until:2013-06-01(2013年06月01までという意味)
ユーザー名と期間指定を組み合わせて

「from:tokyometro_info since:2013-05-01 until:2013-06-01」

kakotuimeroe (2)


と検索しますと東京メトロ公式の、2013年5月1日以降、2013年6月1日まで」
のツイートの検索結果が表示されます。

kakotuimeroe (3)


osusumetenshoku

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ