Twitterおすすめユーザーの仕組み



Twitterおすすめユーザーに表示されるアカウントは末フォローのアカウントです。
既にフォローしているアカウントは表示されません。

まだフォローしてないユーザーの中で何か近い共通点があれば積極的に
紹介をしてフォローして繋がり合ってほしいからこそおすすめに表示されます。



同一のIPアドレス




昔は会社や家庭などで同じネット回線を使っているユーザーが
おすすめユーザーとして表示されていました。


学校内のクラスメイトや家族、会社の同僚、同じマンションなど
同じネット回線でTwitterをやっていると、出てきたりしました。

これはTwitterが試験的に同一IPアドレスのアカウントを
おすすめユーザーに載せるという実権を行ったからです。


今では、個人情報の関係でプライバシーを守る為に廃止されています。




ツイートの種類が似ているアカウント




ツイートしてる内容が、同じ傾向にあるアカウントが載りやすい傾向にあります。

野球のツイートばかりしていると野球関連のツイートをしているアカウントがおすすめに表示されます。

SMAPのツイートばかりしていると、SMAPのファンアカウントがおすすめに表示されます。



フォローの傾向が似ている



『登山』関係のアカウントを大量にフォローしている場合は、
おすすめユーザーに「登山」関連のアカウントが載りやすいです。




閲覧回数が多いアカウント




何度も何度も同じアカウントに訪問していると、
相手側のおすすめユーザーに載る確率が上がります。

何回も見ると言う事は、興味がある、もしくは知り合いなのではないかと
いう事で、おすすめユーザーに載せてフォローを促進させるのは自然な事です。

[ad#co-1]

Twitterには足跡機能はありませんが、フォローもしていないのに何度も
訪問していると、おすすめ欄に載る可能性が高まります。

すると、勘の鋭い方であれば何度も閲覧している事はバレてしまいます。


あなたの連絡先を誰かがTwitterにアップされている場合



誰かが連絡先をTwitterにアップロードし、あなたのメールアドレスか
携帯電話番号がその連絡先に含まれていた場合、そのユーザーを
フォローするようにあなたに提案します。



あなたが連絡先をTwitterにアップしている場合



あなたが連絡先をTwitterにアップロードしている場合は、
その中のTwitterアカウントを持っているユーザーを
フォローするようあなたに提案します。


住む地域が同じ



お住まいの地域が同じ場合は、おすすめユーザーとして提案される場合があります。

例えば、プロフィールの場所に『埼玉県川越市』と入力している場合は、
同じ『埼玉県川越市』と入力しているユーザーが出る場合があります。



過去のフォローのパターン



過去フォローしてきたアカウントをTwitter側は記憶しており、
そのフォローしてきた属性に近いアカウントをおすすめとし表示します。