海外の空港においては、当たり前のごとく旅行者用のSIMカードが店頭に並んでいるという状況だったのに、日本を振り返れば、同じようなサービスはずっと目についたことがない状態が継続していたわけですね。
多数の名の知れた会社がMVNOとして進出した結果として、格安SIMも価格競争が勃発しております。その上データ通信量の制限を緩めてくれるなど、顧客からしたら理想通りの状態だと考えていいでしょう。
「格安スマホおすすめランキング」をお見せします。どういう理由でその格安スマホをおすすめとして載せているのか?個々の魅力と問題点を取り入れて、オープンにして解説しているつもりです。
格安スマホの費用別ランキングを制作して公開しようと考えたわけですが、個々に強みを持っているので、比較してランキング順に並べるのは、なかなか面倒くさいです。
SIMフリースマホを買うとなったら、格安SIMカードの通信方式と周波数帯を調査し、それに合致するものを購入しないと、音声通話もデータ通信も不能で、意味がありません。

どのキャリアを調査してみても、このMNPになんだかんだとメリットを付与するようにしています。その理由と言うのは、どのキャリアも、僅かでもユーザー数を増加させたいと目論んでいるからです。
スマホとセット形式で売られることもあると聞きますが、大体のMVNOにおきましては、SIMカードだけ入手することも可です。言ってみれば、通信サービスのみ申し込むこともできなくはないということです。
「白ロム」という言葉は、元来は電話番号無しの携帯電話機を意味するテクニカルタームだと聞いています。逆に、電話番号が入力済みの携帯電話機のことを「黒ロム」と称するそうです。
格安SIMの評価が高くなるにつれ、家電量販店などでは大手3大通信会社のコーナーは言うまでもありませんが、SIMフリー端末専用のコーナーまでセットされるようになり、いつでも購入できる環境になったわけです。
SIMカードというのは重宝するもので、当人以外の端末に挿し込めば、その端末を当の本人が回線契約中の端末として利用できるようになるのです。

現実的にMNPが日本国内にも導入されたことで、携帯通信会社を変える方が増加し、このことが要因で価格競争に拍車がかかりそのお陰で私たちユーザーにもメリットが与えられたというわけです。
MNPを利用することができるので、携帯電話番号は昔のままだし、友達などに連絡する手間も不要です。どうかMNPを利用して、希望通りのスマホ生活を堪能してください。
大評判の格安スマホのシェア機能に関しまして比較すれば、あなたにぴったりの格安SIMサービスに遭遇するかもしれませんが、各電話通信事業者が取り組んでいるサービスに関しましても、わかっておけば重宝します。

 

UQモバイルキャッシュバック
SIMフリースマホと呼ばれているのは、どの製造元のSIMカードでも使うことができる端末だと言って間違いがなく、以前までは第三者のカードで使われることがないようにロックされていたのですが、それをフリーにした端末なわけです。
各MVNOの格安SIMのセールスサイトを閲覧して検証するにしても、本当に苦悩するはずです。ですから、当方で格安SIMを分析して、比較が容易にできるようにランキングにしておりますので、ご参照ください。

従来は携帯会社で売買契約した端末や回線を利用するという決まりで、携帯電話を使用するしかない環境だったのですが、今ではMVNO事業者が増えてきたお陰で、格安スマホがより市民権を得るようになってきました。
格安SIMを挿入することで使うことができる白ロムは、ドコモとau2社のスマホかタブレットだけになります。ソフトバンクの白ロムは適用外です。ソフトバンクの白ロムを挿入したところで、電波受信状況が最悪でしょう。
各携帯電話会社とも、魅力的なサービスを準備しているので、ランキング付けするのは非常にむずかしいのですが、完全初心者でも「悔いの残らない&使い勝手が良い」格安SIMを、ランキング形式にてご覧に入れます。
店頭に並べている白ロムは、過去に契約された携帯電話を解約したか、はたまたSIMカードを破棄してしまった状態の商品となっており、少なくとも一度は知らない人が買ったことがある商品ですからご了承ください。
端的にSIMフリータブレットに勝るものはないと言っても、広範囲に亘るバージョンがあり、どれが自分にはマッチするのかわかりづらいものです。そこで、SIMフリータブレットの公開しない選択手順をお教えします。

「格安スマホを買うつもりだけど、どこのショップにて契約するのが一番良いのか明確には分かっていない!」という方向けに、現在所有のスマホと換えても損失をこうむらない格安スマホをランキング様式にて案内しています。
「わが子にスマホを買ってやりたいけど、高い値段のスマホは無理だ!」と考える親御さんは、1万円ほどで購入することが可能なSIMフリースマホの中から選択してはどうでしょうか?
流行のWi-Fiタブレット型PCとSIMフリータブレット型PCが違うところは、SIMカードが利用可なのかどうかという点なのですが、表現を違えれば携帯電話通信回線が利用可能かどうかということなのです。
ここにきて、大手キャリアの回線を借りてサービス拡大を図ろうとするMVNOの活躍が業界を賑わしています。トップ3の電話会社より料金がべらぼうに割安のSIMカードを提供していることもあって、SIMフリー端末が流行り出しています。
当然ながら、携帯会社同士はシェアで抜きつ抜かれつを繰り返しています。そういう背景から、それを上昇基調に乗せるために、他社からMNPの規定に即して乗り換え契約を行ってくれる人を優遇することもかなりあるとのことです。

評判のいい格安SIMをきちんと確かめた上で順位付けし、ランキング形式にてお見せしています。格安SIM1つ1つに違うアピールポイントがあると言えますので、格安SIMを選りすぐる時の1つの指標になれば最高です。
SIMフリータブレットと言いますのは、使用可能なSIMカードに制約がないタブレットなのです。大手の通信事業者が販売中のSIMカードやMVNOが売り出し中のSIMカードを利用することができます。
MNPとは、番号は以前のままで、携帯電話を買い替えることだと聞いています。分かりやすく言うと、電話番号はそのままで、auからソフトバンクに入れ替えることができちゃうわけです。
今日では、様々で目を引く格安スマホがゲットできるようになってきました。「現状を顧みると、この格安端末で十分使えるという人が、将来的に徐々に増加していくと断定できます。
当ウェブサイトでは、格安スマホを入手するより先に、知っておいてほしい必要不可欠な情報とベストなチョイスをするための比較法を明瞭に説明させていただきました。

「携帯電話機」というのは、ただ固いだけの端末装置というわけですから、これに電話番号が収納された「SIMカード」と命名されているICチップを挿入しなければ、電話機としての役目を果たすことができないわけです。
白ロムは格安SIMがあってこそ、メリットを体感することができるものなのです。逆に考えると、格安SIMなど使ったこともないという人が、白ロムを手にするメリットは全くないと言えます。
MNPとは、番号を変更するということなく、携帯電話を新しいものに換えることです。例を挙げると、電話番号は変更なしで、ドコモからソフトバンクに乗り換えることが可能だということなのです。
本日は格安スマホを買う以前に、理解しておいてほしい欠かせない知識と後悔しないスマホ選択をするための比較手順を明快に解説しております。
格安SIMに人気が出てきて、大型電器店では大手3大通信業者のコーナー以外に、SIMフリー端末専用のコーナーまでセットされるようになり、簡単に手に入る時代に変わってきたというわけです。

海外の空港においては、必ずと言えるほど旅行者用のSIMカードが店頭に並んでいるという状況だったというのに、日本については、それらと同様のサービスは長期間にわたってない状況が続いてきたのです。
SIMフリー端末のすごさは、相対的に費用が抑えられるだけではないと断言します。海外旅行に行ったときに、専門店などでプリペイド形式のSIMカードを買うことができれば、いつも使っているモバイル端末をいつも通り利用できるのです。
多数の名の知れた会社がMVNOとして事業展開してきたことが原因で、格安SIMも価格競争が激化してきました。それとは別にデータ通信量の制限を緩めてくれるなど、顧客からしたら申し分のない状態だと思われます。
ハイスピードで格安SIMが一般的になった今現在、タブレットにしてもSIMをセッティングして使ってみたいという人も数多くいらっしゃるでしょう。そんな人におすすめしたいSIMフリータブレットをご披露します。
格安SIMと呼ばれるものは、ひと月500円代でも開始することが可能ですが、データ通信料が2パターン準備されていますから、比較・検討することが肝要になってきます。いの一番に2GBと3GBで、各々月毎にいくらの契約になるのかで比較するのがおすすめだと思われます。

おすすめの格安SIMを独自の考え方で順位付けし、ランキング形式にて公開しています。格安SIMごとに多種多様な優れた点が見つかりますので、格安SIMをどれにするか決定する時の判断材料になればと考えています。
昨年(2015年)に「SIMロック解除」が法制化されたことが奏功して、格安SIMをSIMフリータブレットで用いることで、通信費をビックリするほどダウンさせることが可能になったわけです。
キャリアが売り出しているスマホと比較検討して、SIMフリースマホはMVNOが限定されないことと、海外使用可というプリペイドSIMと取り換えることで、海外でも十分機能するなど汎用性が高い点が人気の秘密です。
このサイトではMNP制度を利用して、CBをできるだけ上積みするための攻略法をご案内します。3キャリアが実行している主だったキャンペーンも、全部網羅してあります。
ご紹介している白ロムは、他のユーザーが契約した携帯を解約したか、あるいはSIMカードを外した状態の商品なのです。従って少なくとも一度は誰かが利用したことがある商品だと言えます。

各携帯電話事業者とも、他社で契約中のユーザーを奪い取ることを果たすため、元々契約しているユーザーの機種変更と比べて、他社からMNPを活用して乗り換えてくるユーザーを大切にするようにしていて、何種類ものキャンペーンを計画しているようです。
不思議と目に入ってくることが多い「SIMフリー端末」。ただし、これと言うのは何なのか、それに我々に何らかのメリットを提供してくれるのでしょうか?実際の所、SIMカードのロックが解除された端末のことになります。
MNPは、現在でもあまり広まっているシステムとは異なります。ところが、MNPを知っているのと知らないのでは、ケース次第ではありますが100、000円位損失を被ることがあると言えます。
格安SIMに関しましては、ひと月500円代でも開始できますが、データ通信料が2プランあるので、比較・検討することが必要だと言えます。手始めに2GBと3GBで、それぞれ月々いくら必要かで比較するのがおすすめだと感じます。
格安SIMと申しましても、現実を見ればあんまり知られているとは言えません。何よりも先に行なうべき設定手順さえ認識すれば、長期間世話になってきた大手通信会社に引けを取らない通信環境でスマホが使えるというわけです。

携帯電話会社の言いなりの契約形態は、もう終わりだという意見も耳にすることが増えました。これからは格安スマホがベストな選択になることになるでしょう。
ここにきてMVNOも数多くのプランを販売しており、スマホの使用量が半端じゃない人におすすめのものもラインナップされています。電波の状態も非常に良く、平均的な使用なら一切問題はありません。
海外の空港においては、当然の如く旅行者用のSIMカードが並べられているという実情だったというのに、日本を見てみると、同様のサービスはこれまでほとんど見られない状態が続いてきたわけです。
流行のWi-Fiタブレット型PCとSIMフリータブレット型PCの異なる点は、SIMカードを使用できるのか否かですが、表現を違えれば携帯電話通信回線が使用可か使用不可かなのです。
このウェブページにおきまして、格安スマホを購入するより前に、理解しておいてほしい基本的な情報と失敗のない格安スマホ選びのための比較法を詳しく記載させていただきました。

話題沸騰中の格安SIMを独自の視点で順位付けし、ランキング形式でご案内いたします。格安SIM1つ1つに他とは異なる良い所がありますから、格安SIMを選ぶ時に目を通していただければありがたいです。
「格安SIM」に関しまして、どれを購入したらいいのかと戸惑ってしまうユーザーもかなりの数に上るでしょう。なので、格安SIMを選択する上での決め手を列挙して、おすすめのプランを提示させていただきます。
白ロムが何かと言うと、auやソフトバンクなど大手通信会社にて買い求めることができるスマホのことです。そのスマホをお持ちの方は、その端末そのものが白ロムだと言えるのです。
ホームページに載せている白ロムは、一度契約された携帯を解約したか、あるいはSIMカードのない状態の商品です。ですから過去に他の人が使用したことのある商品だということです。
格安SIMを挿入して機能する白ロムは、auとドコモのスマホあるいはタブレットだけに限定のようです。ソフトバンクの白ロムには対応していないそうです。ソフトバンクの白ロムに挿しても、電波受信状況がすこぶる悪いと言えます。

SIMフリースマホと言われているものは、SIMロックされた端末とは性格が異なり、全世界のユーザーを対象にセールスされる端末がほとんどという状況なので、値段で見ても比較的低価格設定となっていますが、馴染みのない機種が大半を占めます。
データ通信量が低レベルだったり、音声通話もあまり利用することがない人ならば、「格安SIMカード」と言われている通信サービスに乗り換えるだけで、通信料金が格段に下がります。
数多くの一流企業がMVNOとして進出した結果として、格安SIMも価格競争が激しくなってきたようです。その上データ通信量を増加してくれるなど、ヘビーユーザーにとっては願ってもない状勢だと思われます。
SIMカードは、ETCカードが担う様な役目をするものというと把握しやすいのではと考えます。首都高速などを走行した時に、現金を払うことが不要となるETCカードは、誰かのクルマのETCに挿入しても利用できます。
一言で格安スマホと申しましても、プランを比較しますと、いずれの業者と契約するかで、毎月毎月の利用料は大なり小なり相違する、ということが理解できると想定します。

SIMフリータブレットであったら、Wi-Fiエリア外の郊外でも、心地良く通信可能だと言えます。ドライブ中や散歩中など、数々の場面でタブレットがスイスイと楽しめるわけなのです。
不思議と目に入ってくることが多い「SIMフリー端末」。ただし、「SIMフリー端末」って何をするものなのか、更に私達にどういったメリットを齎してくれるのか?本当は、SIMカードのロックが解除された端末の事なのです。
MVNOとは、auというような大手通信会社以外の携帯電話キャリアのことなのです。数多くあるMVNOが格安SIMの販売を手掛けて、携帯電話サービスを展開しているのです。
SIMフリーという文言が市場に浸透するにつれ、MVNOという文言も見受けられるようになりました。MVNOは、Mobile Virtual Network Operatorの略称になるのです。格安SIMの流通を担い、スマホ利用料ダウンに貢献してくれました。
MNPは、現在も言うほど周知されている仕組みではないのでは!?そうは言っても、MNPの詳細を知っているのかいないのかでは、場合にも寄りますが100、000円程度余分なお金を払う形になることがあるようです。

海外の空港においては、必ずと言っていいほど旅行者用のSIMカードが置かれているという状態だったというのに、日本を見てみると、そのようなサービスはごく最近まで見聞きしたことがない状況が続いていたというのが現実です。
格安SIMに関しましては、月極め500円もかからずに始めることが可能ですが、データ通信料パターンが2つありますので、比較・検討することが大切になります。さしあたって2GBと3GBで、それぞれ月ごとにいくら取られるかで比較するのがおすすめかと思います。
現段階で市場にある携帯電話は、TELやメルアドなどの情報がSIMカードに留められるようになっています。このSIMカードを破棄してしまった状態の端末の事を、通常は「白ロム」と称しているのです。
人気抜群の格安スマホのシェア機能を比較・検討しますと、自身に最適な格安SIMサービスを見つけ出せるかもしれませんが、各キャリアが実施しているサービスのことも、把握しておくと役立つと思います。
この頃、他の有名通信事業者より回線を借りてサービス展開するMVNOの動きに注目が集まっています。ドコモ・au・ソフトバンクより料金が異常に安いSIMカードを取り扱っていることで、SIMフリー端末が市民権を得てきつつあります。

白ロムと申しますのは、ソフトバンクというような大手通信業者にて買い求めることができるスマホのことなのです。そうした著名企業のスマホを有しているのであれば、それこそが白ロムだということです。
SIMフリースマホをチョイスする時は、端末の値段別に決定するというのはどうでしょうか?当たり前のことですが、高価な端末であればあるほど機能性に富み高スペックだと断言できます。
有名な大手キャリアと比較しますと、格安SIMは料金が格安なので非常に喜ばれています。料金が低い水準で済むからと言っても、データ通信または通話が異常をきたすことがあるということもなく、本当に経済的にも助かります。
色々な法人が参入したことが功を奏して、月額500円前後のサービスが提供されるほど格安SIMの低価格化が拡大しつつあるようです。SIMフリー端末に乗り換えれば、この低価格なプランを思い切り楽しむことができるのです。
各キャリアの間で、通信機能だったり周波数帯に相違がほとんどない海外に関しましては、SIMフリー端末がほとんどのシェアを占めており、便利なことに取得したSIMカードを色々な端末で利用できます。

「格安スマホを購入することにしたんだけど、どの機種で契約するのが間違いないのかまだ整理できていない!」という方に役立つように、買っても大満足の格安スマホをランキング形式にて載せております。
格安SIMに関しましては、毎月毎月の利用料が通常のSIMより安いので評価が高いので。利用料が低レベルだからと申しましても、通話であるとかデータ通信などの調子が悪いという現象に出くわすこともなく、今までと変わらぬ状態でご利用いただけます。
数十社と言う格安SIM会社がマーケット展開している中から、格安SIMカードをセレクトする場合の目のつけ所は、価格だと言っていいでしょう。通信容量毎にランキングを掲載していますので、あなたにピッタリ合うものを選んでください。
「格安スマホおすすめランキング」を制作しました。どういった理由でその格安スマホがおすすめとして選択されたのか?各おすすめスマホのプラス要素とマイナス要素を入れながら、嘘偽りなく公開しています。
低価格設定のSIMフリースマホに人気が集まっています。MVNOがマーケット展開している格安SIMと同時に利用することで、スマホ料金の大幅ダウンが実現可能だからだ。そこでSIMフリー格安スマホを比較し、ランキングにしてお見せします。

SIMフリースマホのケースでも、「LINE」のみならず、世の中にあるアプリが心配することなく使用できるようになっています。LINEの最重要機能である無料通話であったりトーク(チャット)も自由に使えます。
タイプや通信方式がフィットするなら、1枚のSIMカードを他の端末で利用できたり、1台の端末において、いくつかのSIMカードをチェンジして使いまわしたりすることもできなくはありません。
格安SIMを説明すると、利用料金が低く抑えられた通信サービス、ないしはそれを利用する時にないと困るSIMカード自体を指します。SIMカードをよく調べると明確になりますが、通話機能を付帯した音声通話対応SIMとデータ通信専用SIMという2種類が存在します。
白ロムは格安SIMと同時使用してこそ、メリットを体感することができるものです。逆から考えると、格安SIMを保有していないという人が、白ロムを選ぶメリットはないと考えられます。
白ロムの大概が海外に行くと無用の長物と化してしまいますが、格安スマホと呼ばれるものやSIMフリーのスマホだというケースなら、外国の地でもそこで手に入れられるSIMカードを差し込みさえすれば、スマホとしての機能してくれる場合もあるようです。

わが国でも、多彩で興味が惹かれる格安スマホが入手できるようになってきたのです。「私の利用法からすれば、この格安スマホで不満はないという人が、今から次第に増えていくことは間違いありません。
各携帯電話キャリアとも、独自のサービスを提示しているので、ランキング形式にて提示するのは骨が折れるのですが、初心者の人でも「悔いの残らない&用意」格安SIMを、ランキング形式にて公開します。
色々な法人が参入したお陰で、月額500円程のサービスが提示されるくらい格安SIMの低価格化が拡大しています。SIMフリー端末に入れ替えれば、この低価格なプランを限度無く楽しむことができるのです。
SIMフリースマホと言われるのは、いろんなメーカーのSIMカードでも使うことができる端末だと言って間違いがなく、昔は別の人のカードで使用されることがないようにロックされていたのですが、それを完全に解除した端末だと言えましょう。
SIMカードとは、スマホみたいな端末に装着してあるSuicaの小型版みたいなICカードというわけです。契約者の携帯電話番号などを留めるために必要なのですが、手に取ってみることはそんなにないのではないですか?

格安SIMと申しましても、現実問題として思ったほど認知度は高くないと言えます。一番初めに行なう設定のやり方さえ知ることができれば、今までの大手キャリアとほとんどおんなじ通信環境でスマホが使用できるのですから、重宝します。
MNPとは、番号を変更するということなく、携帯電話を乗り換えることを言うわけです。例を挙げると、電話番号は今と同じで、ドコモからauに変更することができるようになったということです。
2013年秋に、発売開始以来注目を集めてきた「iPhone 5s」のSIMフリー版が販売開始日を迎えるなど、遂に日本でも何かと使えるSIMフリー端末が販売されるようになったわけです。
「今日この頃は知人の中でも格安スマホに変えている人が目につくようになってきたので、気になっている!」ということで、真面目に購入を目指している人もいっぱいいるらしいですね。
SIMフリータブレットに関しては、使用できるSIMカードが限定されていないタブレットです。ソフトバンクやauなどの通信事業者が販売中のSIMカードやMVNOが売り込んでいるSIMカードが使用可能です。

スマホとセットで購入することを推奨されることも多いですが、大方のMVNOにおいては、SIMカードだけ買い求めることが可能です。簡単に言うと、通信サービスオンリーの契約もできるということなのです。
各携帯電話通信会社とも、他社の携帯を使っているユーザーを奪い取ることを目的に、自社のユーザーの機種変更よりも、他社からMNPを利用して買い替えてくれるユーザーに便宜を与えるようにしており、何種類ものキャンペーンを展開しています。
携帯電話会社に雁字搦めにされる購入システムは、バカらしいという意見も目立つようになってきました。これから先は格安スマホが市民権を得るようになることになるでしょう。
格安SIMに関しては、毎月の利用料が安く抑えられるので人気の的になっているのです。利用料が抑えられるというからには裏があると考えがちですが、通話ないしはデータ通信などの調子が悪いといった現象も一切なく、これまで通り利用できます。
少し前から急加速度的に拡散されてきたSIMフリースマホに関して、バラエティーに富んだ機種が販売されていますので、おすすめのランキングにしてみる計画です。

データ通信量が僅少だったり、音声通話も皆無に等しい人ならば、「格安SIMカード」として徐々に売れ始めた通信サービスを利用するだけで、通信料金を驚くほど削減できます。
とっくに知っていると思っていますが、評判の格安スマホを手にすることで、スマホ本体代も合わせて、毎月毎月たった2000円程度に節約できるはずです。
格安SIMは、月々かかる利用料が安く抑えられるので注目を集めています。利用料を抑制できるから何か不都合があるのではと思うかもしれませんが、通話であったりデータ通信などの調子が悪い時があるといった状況も皆無で、今までの使用と何ら変わりません。
「わが子にスマホを買ってやるのは構わないけど、高い値段のスマホは不要だ!」と思っていらっしゃる方は、1万円ほどで購入することが可能なSIMフリースマホを選択してはいかがかと思います。
格安スマホの毎月の料金が大手3社と対比して圧倒的に安く済むのは、高い料金のスマホの無料通話をはじめとした過大なサービスを中止し、実際に必要な機能だけを提供しているためではないでしょうか。

大評判の格安スマホのシェア機能に関して比較をすれば、個人個人に合致した格安SIMサービスに出くわすかもしれませんが、各通信企業が運営しているサービスについても、把握しておくと得することが多いですね。
大手キャリアに関しましては、端末(スマホなど)と通信がセットになっており、殆どの人は、そのセットで契約することが稀ではないようです。従いまして、MVNOへの乗り換えを検討する際には、買い方が相違することに戸惑ってしまうでしょうね。
ちょっと前から、他社の回線を借りてサービス展開を図るMVNOが活躍中です。大手3キャリアより料金が安いSIMカードが市場で認知され始めたことにより、SIMフリー端末が注目を浴びているのです。
「なるべく安値で格安SIMを使うことが理想!」と話す人も稀ではないに違いありません。そういうことから本WEBページでは、料金が安い順よりランキング形式で並べていますので、覗いてみてください。
ここにきてMVNOもたくさんのプランを世に出しており、スマホの支払いに苦慮しているという人を対象に考案されたものも多数あるようです。電波状態も何ら危惧する必要がなく、一般的な使用なら、機能的にはこれまでと全く変わりません。

ヨドバシカメラなどで販売している格安SIMは、スマホとセット形式で売られていますが、格安SIMの本当のストロングポイントというのは、お好みの端末で利用可能だということではないでしょうか。
SIMフリーという文言がスマホを利用している人に知れ渡ると、MVNOという言葉も見聞きすることが頻繁になりました。MVNOは、Mobile Virtual Network Operatorの略称だというわけですね。格安SIMの流通を大きくして、ユーザーに恩恵をもたらしました。
ちょっと前までは携帯会社で買った端末や回線を利用する形式で、携帯電話を使用していたのですが、少し前からMVNO事業者が増えたことにより、格安スマホがより知られるようになってきました。
「白ロム」という言葉は、本当は電話番号未登録の携帯電話機を意味するテクニカルタームだと聞いています。逆に、電話番号が入力されている携帯電話機のことを「黒ロム」と呼ぶのだそうです。
SIMカードとは、スマホなどに附属しているSuicaの小型版みたいなICカードを指します。契約者の電話の番号などを登録する時に絶対に不可欠なのですが、目にすることはそこまでないと考えます。